徳島県板野郡北島町 K様邸

●設計 : 新井建設一級建築設計事務所

●竣工日 : 2015年11月

●構造 : 木造 平屋建

●延床面積 : 103.82㎡

ji12_1511_kk_001.jpg

「家事と子育てがしやすい、和風の家」をご希望のお客様の要望に、過ごしやすい平屋和風の家をご提案させていただきました。

外観は、腰板に焼杉貼りを施し、白黒2色の重厚感のある堂々とした外観を提案。

東側には、光を通す屋根材を設けた土間空間を設え、単に物干しスペースだけでなく、内部のキッチンとの繋がりから、多目的に使える空間としての広がりを期待して設えました。

内部は、家族の気配がいつでも感じられるよう、キッチン、ダイニング、畳の間を、田の字プランで提案。

また、東と南に窓を設置し、光と風を一日中感じられる心地よいLDKとしました。

動線においては、将来、終の住処としてもスムーズに行動できるよう、キッチンや寝室からの水廻りへの距離や、広さを考慮。

特に、共働きの家庭において、物干しは重要ですので、外部の物干しスペース以外にも、内部物干しを2ケ所設置し、臨機応変な対応ができるよう配慮しました。

共働きのご夫婦にとって、日々の家事と育児を両立することは大変です。

その大変さをこの住まいにおいて少しでも軽減し、ご家族の笑顔溢れる暮らしを繰り広げていただければと願っています。

ji12_1511_kk_002.jpg

南東側外観。濡縁には目線に配慮した手摺を設置し、布団干しも可能。

ji12_1511_kk_003.jpg

東側外観

ji12_1511_kk_004.jpg

光を通す屋根を設けた物干し場は、多目的な土間空間としても使用

ji12_1511_kk_005.jpg

玄関ホール

ji12_1511_kk_006.jpg

ダイニングと畳の間は障子で仕切られる

ji12_1511_kk_007.jpg

障子を開ければダイニングとひと続きになる畳の間

ji12_1511_kk_008.jpg

ご先祖から受け継がれた彫刻欄間を設えました

ji12_1511_kk_009.jpg

ダイニングより、畳の間とキッチンをのぞむ

ji12_1511_kk_010.jpg

東、南側より光と風を感じる、明るいアイランド型キッチン

voice.png

「家事と子育てがしやすく、外観が和風の家」という私たちのイメージを叶えてくれそうな工務店を建築情報誌で探し、古民家風の和モダン住宅を掲載されていた新井建設さんを見つけました。完成見学会に参加した折、建築士の新井典子さんに希望する間取りと予算をお伝えしました。

 約1ヵ月後に初めて頂いた図面は、ほとんど完成図のような緻密なものでした。間取りもほぼ要望どおり、今の暮らし方に合った動線も実現されており、楽しく生活できそうな雰囲気が伝わってきて、「この家を建てたい!」とすぐに思いました。

 工期は6月から11月の半年間。施工が始まってからは、スムーズに進みました。暑さの厳しい時期でしたが、大工さんは毎日遅くまで作業され、真面目な仕事ぶりには頭の下がる思いでした。

 住宅エコポイントを申請してほしい、和室に先祖から受け継いだ欄間を入れてほしい、などの急なお願いにも快くご対応いただき、感謝の気持ちで一杯です。

 住み始めて約1ヵ月でこれを書いていますが、設計の良さ、施工の良さを日々実感しています。嬉しそうに駆け回る子供達、正月のしめ縄が似合う佇まいを見て、「家事と子育てがしやすく、外観が和風の家」という当初のイメージが見事に叶ったとしみじみ思います。

 私たちにとって、おそらく終の棲家となるであろう自宅を、新井建設さんに頼んで本当に良かったと思います。